16.20 - 使用上の注意 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ ディクショナリ

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
ユーザー ガイド
管理
Publication ID
B035-1092-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

QryLogFeatureListVビューには、機能の使用状況が有効なときに追跡できるすべての機能名が表示されます。

BEGIN/REPLACE QUERY LOGGINGのWITH FEATUREINFOオプションが有効かどうかに関係なく、このビューは生成されます。QryLogFeatureListVは、テーブル関数SYSLIB.FeatureNames_TBFにビューを提供します。テーブル関数の詳細については、<データベース管理に対する Teradata® Vantage SQLのサポート、B035-1210>を参照してください。

このビューを使用して、次の情報を取得できます。
  • 一定期間中に機能が使用された回数。例えば、1日または前の週に機能が何回使用されたか、などです。
  • リリースで最も使用される機能の一覧表示
  • 特定の機能を使用したリクエストの割合の一覧表示
  • 特定の機能が使用された最後の時間の一覧表示
機能のリストは、Teradataのリリースごとに変更されます。追跡されている現在の機能の一覧を確認するには、例: QryLogFeatureListVを使用した機能のリスト表示を参照してください。

機能でロギングを使用できるようにするには、<Teradata® Vantage SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144>でBEGIN QUERY LOGGINGを参照してください。