16.20 - UsersV - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ ディクショナリ

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
ユーザー ガイド
管理
Publication ID
B035-1092-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

カテゴリ:データベース

データベース: DBC

ビューの列 データ型 書式 コメント
UserName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(128) UsersV.Usernameフィールドは、ユーザーを示します。
CreatorName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(128) CREATE USER文を発行したTeradataユーザーを返します。
PasswordLastModDate DATE YY/MM/DD ユーザー パスワードが最後に変更された日付を返します。
PasswordLastModTime TIME(0) HH:MI:SS ユーザー パスワードが最後に変更された時刻を返します。
OwnerName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(128) ユーザー所有者名。
PermSpace BIGINT NOT NULL --,---,---,---,---,---,--9 UsersV.PermSpaceフィールドは、ユーザーに割り当てられた合計固定領域をバイト単位で指定します。
SpoolSpace BIGINT -(19)9 データベースに許容される最大スプール領域を示す整数を返します。DatabaseNameがPUBLICの場合、SpoolSpaceは0です。
TempSpace BIGINT -(19)9 データベース、プロファイル、またはユーザーに割り当てられた最大一時領域をバイト単位で返します。
ProtectionType CHAR(1) LATIN UPPERCASE NOT NULL X(1) データベース内のテーブルがフォールバック オプションで保護されているかどうかを示すため、F (フォールバック)またはN (なし)を返します。
JournalFlag CHAR(2) LATIN UPPERCASE NOT NULL X(2) テーブルで有効なジャーナリング、またはテーブルのデフォルト ジャーナル。設定: 最初の文字はBEFORE、2番目の文字はAFTER。
StartupString VARCHAR(255) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(255) ユーザーに対して指定された始動文字列(マクロまたはSQL文)を返します。
DefaultAccount VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(128) ユーザーのデフォルト アカウント(存在する場合)の名前を返します。
DefaultDataBase VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(128) ユーザーの現在のデフォルト データベースの名前を返します。
CommentString VARCHAR(255) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(255) UsersV.CommentStringフィールドには、ユーザーがユーザー指定のテキストが含まれます。
DefaultCollation CHAR(1) LATIN UPPERCASE NOT NULL X(1) CREATE/MODIFY USER文で定義されているユーザーのデフォルトの照合を返します。定義されていない場合、DefaultCollationはログオン クライアント システムの照合です。
PasswordChgDate DATE YY/MM/DD 現在のパスワードがユーザーに割り当てられたユリウス日を返します。この値は、新しいユーザーの場合は0です。
LockedDate DATE yy/mm/dd 誤ったパスワードの過多によりDbase行がログオンに対してロックされたユリウス日を返します。NULLまたは0値は、行がロックされなかったことを示します。
LockedTime INTEGER 99:99 誤ったパスワードの過多により行がログオンに対してロックされた時間の午前0時からの分数を返します。NULLまたはゼロ(行がロックされていない)。
LockedCount BYTEINT -(3)9 誤ったパスワードを使用したユーザーのログオン試行の連続した失敗回数。NULLまたはゼロ(試行なし)。
TimeZoneHour BYTEINT -(3)9 UTCからのTimeZone Hourオフセットを返します。有効範囲は-12から+14です。
TimeZoneMinute BYTEINT -(3)9 UTCからのTimeZone Minuteオフセットを返します。有効範囲は-59から+59です。
DefaultDateForm CHAR(1) LATIN UPPERCASE X(1) CREATEまたはMODIFY文を使用してUSERに対して設定されているINTEGERDATEまたはANSIDATEを返します。
CreateTimeStamp TIMESTAMP(0) YYYY-MM-DDBHH:MI:SS 行内のオブジェクトが作成された日時を返します。
LastAlterName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(128) ディクショナリ行を最後に更新したユーザーの名前を返します。
LastAlterTimeStamp TIMESTAMP(0) YYYY-MM-DDBHH:MI:SS ディクショナリ行が最後に更新された時間を返します。
DefaultCharType SMALLINT ---,--9 ユーザーのデフォルトの文字型を返します。
RoleName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(128) ロールの名前を返します。
ProfileName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(128) プロファイルの名前を返します。
AccessCount BIGINT --,---,---,---,---,---,--9 対応するデータベース オブジェクトのアクセス数を返します。
LastAccessTimeStamp TIMESTAMP(0) YYYY-MM-DDBHH:MI:SS 対応するオブジェクトが最後にアクセスされた時間を返します。
ExportDefinitionName VARCHAR(30) LATIN NOT CASESPECIFIC X(30) ExportDefinitionNameは、ユーザーのExportWidthRuleSetの名前です。NULL値は、システムのデフォルトを使用することを意味します。
ExportWidthRuleSet BYTE(20) X(40) ExportWidthRuleSetは、ExportDefinitionNameに関連付けられているエクスポート幅ルール セットであり、この関連付けが変更された場合に更新されます。NULL値は、システムのデフォルトを使用することを意味します。
DBA CHAR(1) LATIN UPPERCASE NOT NULL X(1) UsersV.DBA列は、ユーザーがDBAユーザーであるかどうかを指定します。
DefaultMapName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(128) データベースまたはユーザーのデフォルト マップ名を返します。NULLは、データベースまたはユーザーにデフォルト マップが指定されていないことを示します。
MapOverride VARCHAR(1) LATIN NOT CASESPECIFIC X(1) MapOverrideは、デフォルト マップのエラーの上書きのありとなしを示します。"N"は上書きしないことを示します。"E"はOVERRIDE ON ERRORを示します。