16.20 - AccLogRulesV - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ ディクショナリ

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
ユーザー ガイド
管理
Publication ID
B035-1092-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

カテゴリ: セキュリティ

データベース: DBC

ビューの列 データ型 書式 コメント
UserName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(128) AccLogRulesV.UserNameフィールドは、アクセス ロギングのルールが適用されるユーザーを示します。すべてのユーザーを示す'All'の場合もあります。
DatabaseName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(128) このログ項目が作成されたオブジェクトのデータベース名またはユーザー名を返します。
TVMName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(128) このログ項目が作成されたオブジェクトのテーブル、ビュー、ストアド プロシージャ、マクロ、ユーザー定義型、ユーザー定義メソッド、またはユーザー定義関数名を返します。
ConstraintName VARCHAR(128) UNICODE UPPERCASE NOT NULL X(128) AccLogRulesV.ConstraintNameフィールドは、アクセス ロギングのルールが適用されるセキュリティ制約を示します。すべてのセキュリティ制約を示す'All'の場合もあります。
AcrAlterFunction CHAR(3) LATIN NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(3) AccLogRulesV.AcrAlterFunctionフィールドは、ルールが適用されるオブジェクトまたはユーザーでのALTER FUNCTION権限に対して有効なロギングを示します。
AcrCheckPoint CHAR(3) LATIN NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(3) AccLogRulesV.AcrCheckPointフィールドは、ルールが適用されるオブジェクトまたはユーザー(またはその両方)でのCHECKPOINT権限に対して有効なロギングを示します。
AcrCreateDataBase CHAR(3) LATIN NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(3) AccLogRulesV.AcrCreateDataBaseフィールドは、ルールが適用されるオブジェクトまたはユーザー(またはその両方)でのCREATE DATABASE権限に対して有効なロギングを示します。
AcrCreateFunction CHAR(3) LATIN NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(3) AccLogRulesV.AcrCreateFunctionフィールドは、ルールが適用されるオブジェクトまたはユーザー(またはその両方)でのCREATE FUNCTION権限に対して有効なロギングを示します。
AcrCreateMacro CHAR(3) LATIN NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(3) AccLogRulesV.AcrCreateMacroフィールドは、ルールが適用されるオブジェクトまたはユーザー(またはその両方)でのCREATE MACRO権限に対して有効なロギングを示します。
AcrCreateTable CHAR(3) LATIN NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(3) AccLogRulesV.AcrCreateTableフィールドは、ルールが適用されるオブジェクトまたはユーザー(またはその両方)でのCREATE TABLE権限に対して有効なロギングを示します。
AcrCreateUser CHAR(3) LATIN NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(3) AccLogRulesV.AcrCreateUserフィールドは、ルールが適用されるオブジェクトまたはユーザー(またはその両方)でのCREATE USER権限に対して有効なロギングを示します。
AcrCreateView CHAR(3) LATIN NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(3) AccLogRulesV.AcrCreateViewフィールドは、ルールが適用されるオブジェクトまたはユーザー(またはその両方)でのCREATE VIEW権限に対して有効なロギングを示します。
AcrCreateProcedure CHAR(3) LATIN NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(3) AccLogRulesV.AcrCreateProcedureフィールドは、ルールが適用されるオブジェクトまたはユーザー(またはその両方)でのCREATE PROCEDURE権限に対して有効なロギングを示します。
AcrCreExtProcedure CHAR(3) LATIN NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(3) AccLogRulesV.AcrCreExtProcedureフィールドは、ルールが適用されるオブジェクトまたはユーザー(またはその両方)でのCREATE EXTERNAL PROCEDURE権限に対して有効なロギングを示します。
AcrDelete CHAR(3) LATIN NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(3) AccLogRulesV.AcrDeleteフィールドは、ルールが適用されるオブジェクトまたはユーザー(またはその両方)でのDELETE権限に対して有効なロギングを示します。
AcrDropDatabase CHAR(3) LATIN NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(3) AccLogRulesV.AcrDropDatabaseフィールドは、ルールが適用されるオブジェクトまたはユーザー(またはその両方)でのDROP DATABASE権限に対して有効なロギングを示します。
AcrDropFunction CHAR(3) LATIN NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(3) AccLogRulesV.AcrDropFunctionフィールドは、ルールが適用されるオブジェクトまたはユーザー(またはその両方)でのDROP FUNCTION権限に対して有効なロギングを示します。
AcrDropMacro CHAR(3) LATIN NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(3) AccLogRulesV.AcrDropMacroフィールドは、ルールが適用されるオブジェクトまたはユーザー(またはその両方)でのDROP MACRO権限に対して有効なロギングを示します。
AcrDropTable CHAR(3) LATIN NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(3) AccLogRulesV.AcrDropTableフィールドは、ルールが適用されるオブジェクトまたはユーザー(またはその両方)でのDROP TABLE権限に対して有効なロギングを示します。
AcrDropUser CHAR(3) LATIN NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(3) AccLogRulesV.AcrDropUserフィールドは、ルールが適用されるオブジェクトまたはユーザー(またはその両方)でのDROP USER権限に対して有効なロギングを示します。
AcrDropView CHAR(3) LATIN NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(3) AccLogRulesV.AcrDropViewフィールドは、ルールが適用されるオブジェクトまたはユーザー(またはその両方)でのDROP VIEW権限に対して有効なロギングを示します。
AcrDropProcedure CHAR(3) LATIN NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(3) AccLogRulesV.AcrDropProcedureフィールドは、ルールが適用されるオブジェクトまたはユーザー(またはその両方)でのDROP PROCEDURE権限に対して有効なロギングを示します。
AcrDump CHAR(3) LATIN NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(3) AccLogRulesV.AcrDumpフィールドは、ルールが適用されるオブジェクトまたはユーザー(またはその両方)でのDUMP権限に対して有効なロギングを示します。
AcrExecute CHAR(3) LATIN NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(3) AccLogRulesV.AcrExecuteフィールドは、ルールが適用されるオブジェクトまたはユーザー(またはその両方)でのEXECUTE権限に対して有効なロギングを示します。
AcrExecuteFunction CHAR(3) LATIN NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(3) AccLogRulesV.AcrExecuteFunctionフィールドは、ルールが適用されるオブジェクトまたはユーザー(またはその両方)でのEXECUTE FUNCTION権限に対して有効なロギングを示します。
AcrExecuteProcedure CHAR(3) LATIN NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(3) AccLogRulesV.AcrExecuteProcedureフィールドは、ルールが適用されるオブジェクトまたはユーザー(またはその両方)でのEXECUTE PROCEDURE権限に対して有効なロギングを示します。
AcrGrant CHAR(3) LATIN NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(3) AccLogRulesV.AcrGrantフィールドは、ルールが適用されるオブジェクトまたはユーザー(またはその両方)でのGRANT権限に対して有効なロギングを示します。
AcrIndex CHAR(3) LATIN NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(3) AccLogRulesV.AcrIndexフィールドは、ルールが適用されるオブジェクトまたはユーザー(またはその両方)でのCREATE/DROP INDEX権限に対して有効なロギングを示します。
AcrInsert CHAR(3) LATIN NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(3) AccLogRulesV.AcrInsertフィールドは、ルールが適用されるオブジェクトまたはユーザー(またはその両方)でのINSERT権限に対して有効なロギングを示します。
AcrReference CHAR(3) LATIN NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(3) AccLogRulesV.AcrReferenceフィールドは、ルールが適用されるオブジェクトまたはユーザー(またはその両方)でのReference権限に対して有効なロギングを示します。
AcrRestore CHAR(3) LATIN NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(3) AccLogRulesV.AcrRestoreフィールドは、ルールが適用されるオブジェクトまたはユーザー(またはその両方)でのRESTORE権限に対して有効なロギングを示します。
AcrSelect CHAR(3) LATIN NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(3) AccLogRulesV.AcrSelectフィールドは、ルールが適用されるオブジェクトまたはユーザー(またはその両方)でのSELECT権限に対して有効なロギングを示します。
AcrUpdate CHAR(3) LATIN NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(3) AccLogRulesV.AcrUpdateフィールドは、ルールが適用されるオブジェクトまたはユーザーでのUpdate権限に対して有効なロギングを示します。
AcrCreateTrigger CHAR(3) LATIN NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(3) AccLogRulesV.AcrCreateTriggerフィールドは、ルールが適用されるオブジェクトまたはユーザー(またはその両方)でのCREATE TRIGGER権限に対して有効なロギングを示します。
AcrDropTrigger CHAR(3) LATIN NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(3) AccLogRulesV.AcrDropTriggerフィールドは、ルールが適用されるオブジェクトまたはユーザー(またはその両方)でのDROP TRIGGER権限に対して有効なロギングを示します。
AcrCreateRole CHAR(3) LATIN NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(3) CREATE ROLE権限に対して有効なロギングを返します。
AcrDropRole CHAR(3) LATIN NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(3) DROP ROLE権限に対して有効なロギングを返します。
AcrCreateProfile CHAR(3) LATIN NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(3) CREATE PROFILE権限に対して有効なロギングを返します。
AcrDropProfile CHAR(3) LATIN NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(3) DROP PROFILE権限に対して有効なロギングを返します。
AcrAlterProcedure CHAR(3) LATIN NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(3) AccLogRulesV.AcrAlterProcedureフィールドは、ルールが適用されるオブジェクトまたはユーザーでのAlter Procedure権限に対して有効なロギングを示します。
AcrRepControl CHAR(3) LATIN NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(3) AccLogRulesV.AcrRepControlフィールドは、ルールが適用されるオブジェクトまたはユーザーでのRepControl権限に対して有効なロギングを示します。
AcrAlterExtProcedure CHAR(3) LATIN NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(3) AccLogRulesV.AcrAlterExtProcedureフィールドは、ルールが適用されるオブジェクトまたはユーザー(またはその両方)でのALTER EXTERNAL PROCEDURE権限に対して有効なロギングを示します。
AcrUDTUsage CHAR(3) LATIN NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(3) UDTUsage権限に対応するロギング権限チェックを返します。
AcrUDTType CHAR(3) LATIN NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(3) UDTType権限に対応するロギング権限チェックを返します。
AcrUDTMethod CHAR(3) LATIN NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(3) UDTMethod権限に対応するロギング権限チェックを返します。
AcrCreAuthorization CHAR(3) LATIN NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(3) AccLogRulesV.AcrCreAuthorizationフィールドは、ルールが適用されるオブジェクトまたはユーザー(またはその両方)でのCREATE AUTHORIZATION権限に対して有効なロギングを示します。
AcrDropAuthorization CHAR(3) LATIN NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(3) AccLogRulesV.AcrDropAuthorizationフィールドは、ルールが適用されるオブジェクトまたはユーザー(またはその両方)でのDROP AUTHORIZATION権限に対して有効なロギングを示します。
AcrStatistics CHAR(3) LATIN NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(3) AccLogRulesV.AcrStatisticsフィールドは、ルールが適用されるオブジェクトまたはユーザーでのStatistics権限に対して有効なロギングを示します。
AcrShow CHAR(3) LATIN NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(3) AccLogRulesV.AcrShowフィールドは、ルールが適用されるオブジェクトまたはユーザー(またはその両方)でのSHOW権限に対して有効なロギングを示します。
AcrCreOwnerProcedure CHAR(3) LATIN NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(3) AccLogRulesV.AcrCreOwnerProcedureフィールドは、ルールが適用されるオブジェクトまたはユーザー(またはその両方)でのCREATE OWNER PROCEDURE権限に対して有効なロギングを示します。
AcrConnectThrough CHAR(3) LATIN NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(3) ルールが適用されるユーザーでのCTControl権限に対して有効なロギングを返します。
CreatorName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(128) テーブルまたはデータベースの作成者。DBC.AllRightsの場合は明示的な付与者、それ以外の場合はCREATE文を実行したユーザー。
CreateTimeStamp TIMESTAMP(0) YYYY-MM-DDBHH:MI:SS 行内のオブジェクトが作成された日時を返します。
AcrCreateGLOP CHAR(3) LATIN NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(3) CREATE GLOP権限のアクセス ロギング ルールを返します。
AcrDropGLOP CHAR(3) LATIN NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(3) DROP GLOP権限のアクセス ロギング ルールを返します。
AcrGLOPMember CHAR(3) LATIN NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(3) GLOP MEMBER権限のアクセス ロギング ルールを返します。
AcrConstrDef CHAR(3) LATIN NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(3) AccLogRulesV.AcrConstrDefフィールドは、ルールが適用されるオブジェクトまたはユーザーでのConstraint Definition権限に対して有効なロギングを示します。
AcrConstrAsgn CHAR(3) LATIN NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(3) AccLogRulesV.AcrConstrAsgnフィールドは、ルールが適用されるオブジェクトまたはユーザーでのConstraint Assignment権限に対して有効なロギングを示します。
AcrOverrideIns CHAR(3) LATIN NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(3) AccLogRulesV.AcrOverrideInsフィールドは、ルールが適用されるオブジェクトまたはユーザーでのOverride Insert権限に対して有効なロギングを示します。
AcrOverrideSel CHAR(3) LATIN NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(3) AccLogRulesV.AcrOverrideSelフィールドは、ルールが適用されるオブジェクトまたはユーザーでのOverride Select権限に対して有効なロギングを示します。
AcrOverrideUpd CHAR(3) LATIN NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(3) AccLogRulesV.AcrOverrideUpdフィールドは、ルールが適用されるオブジェクトまたはユーザーでのOverride Update権限に対して有効なロギングを示します。
AcrOverrideDel CHAR(3) LATIN NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(3) AccLogRulesV.AcrOverrideDelフィールドは、ルールが適用されるオブジェクトまたはユーザーでのOverride Delete権限に対して有効なロギングを示します。
AcrOverrideDump CHAR(3) LATIN NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(3) AccLogRulesV.AcrOverrideDumpフィールドは、ルールが適用されるオブジェクトまたはユーザーでのOverride Dump権限に対して有効なロギングを示します。
AcrOverrideRestore CHAR(3) LATIN NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(3) AccLogRulesV.AcrOverrideRestoreフィールドは、ルールが適用されるオブジェクトまたはユーザーでのOverride Restore権限に対して有効なロギングを示します。
AcrCreateZone CHAR(3) LATIN NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(3) AccLogRulesV.AcrCreateZoneフィールドは、ルールが適用されるオブジェクトまたはユーザーでのCreate Zone権限に対して有効なロギングを示します。
AcrDropZone CHAR(3) LATIN NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(3) AccLogRulesV.AcrDropZoneフィールドは、ルールが適用されるオブジェクトまたはユーザーでのCreate Zone権限に対して有効なロギングを示します。
AcrZoneOverride CHAR(3) LATIN NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(3) AccLogRulesV.AcrZoneOverrideフィールドは、ルールが適用されるオブジェクトまたはユーザーでのCreate Zone権限に対して有効なロギングを示します。
AcrCreateDatasetSchema CHAR(3) LATIN NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(3) CREATE DATASET SCHEMA権限に対して有効なロギングを返します。
AcrDropDatasetSchema CHAR(3) LATIN NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(3) DROP DATASET SCHEMA権限に対して有効なロギングを返します。
AcrWithDatasetSchema CHAR(3) LATIN NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(3) WITH DATASET SCHEMA権限に対して有効なロギングを返します。
AcrCreateMap CHAR(3) LATIN NOT CASESPECIFIC X(3) CREATE MAP権限に対して有効なロギングを返します。
AcrDropMap CHAR(3) LATIN NOT CASESPECIFIC X(3) DROP MAP権限に対して有効なロギングを返します。