16.20 - 例: SQLJ.Routine_JAR_Usageを使用したユーザーJARオブジェクトの確認 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ ディクショナリ

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
ユーザー ガイド
管理
Publication ID
B035-1092-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

次のSELECT文では、指定のユーザーまたはデータベースが所有するJARで、従属外部Javaルーチンが定義されているすべてのJARに関する情報が取得されます。それらのルーチンに関する情報も返されます。

==> SELECT * FROM sqlj.routine_jar_usage;

結果:

DatabaseId  0000B905
    JarName JAR1
RoutineName MYINT
  Signature (I[I)V
 DatabaseId 0000B905
    JarName JAR2
RoutineName MYDEC
  Signature (Ljava/math/BigDecimal;[Ljava/math/BigDecimal;)V
 DatabaseId 0000B905
    JarName JAR3
RoutineName MYVARBYTE
  Signature ([B[Ljava/lang/String;)V