CompressSpoolDBs - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Published
2019年3月
Language
日本語
Last Update
2019-10-29
dita:mapPath
ja-JP/qxr1512078764562.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/qxr1512078764562.ditaval
dita:id
vkz1472241255652
Product Category
Software
Teradata Vantage

目的

スプール テーブルおよび揮発テーブルのデータ ブロック(DB)をデフォルトで圧縮する条件を指定します。

圧縮は、BlockLevelCompressionフィールドの設定、およびMinPercentCompReductionMinDBSectsToCompressのDBS制御フィールドで指定された基準による制限を受けます。これらの最小基準を満たさないDBは圧縮されません。

フィールド グループ

圧縮

有効な設定値

設定 説明
ALWAYS 新規スプール テーブルのDBは圧縮されます。
NEVER 新規スプール テーブルのDBは圧縮されません。FerretユーティリティのCOMPRESSコマンドは機能しません。
IFNOTCACHED 新規のテーブルのDBは、キャッシュされていない場合は圧縮されます。

デフォルト

NEVER

変更の反映

DBS制御レコードへの書き込みが行なわれた後。

使用上の注意

BLCは、Teradata Databaseファイル システムのデータ ブロック(DB)レベルでのデータ圧縮を可能にします。 圧縮により所定のデータ量に必要なストレージの量が低減されます。 DBS制御のBlockLevelCompressionフィールドで、BLCを有効または無効にできます。

BLCはシステム全体で、またはさまざまなカテゴリのテーブルに対して有効または無効にできます。永続データの場合、これにはプライマリ データ、フォールバック データ、適格LOBデータのサブテーブル、および結合インデックスとハッシュ インデックスが含まれます。プライマリ行のセカンダリ インデックスは圧縮されませんが、セカンダリ インデックスの代替コピーを圧縮してスペースを節約できます。

スプールには、再ドライブ機能に使用する持続スプールが含まれます。

関連トピック

詳細情報 参照先
BlockLevelCompressionフィールド BlockLevelCompression
COMPRESSおよびUNCOMPRESSコマンド Ferretユーティリティ(ferret)