17.10 - 使用上の注意 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporterリファレンス

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Release Date
2021年10月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2436-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

z/OS以外のプラットフォームでコマンドを実行する際には、以下のtwbcmd構文例を使用してください。

  • ジョブ レベルのコマンドの場合:
    twbcmd <jobid> <command>

    ここで、jobIdはターゲット ジョブのID、commandは実行する外部コマンドの名前です。

  • オペレータ レベルのコマンドの場合:
    twbcmd <jobid> <operator command Id> <attribute name>=<value>

    複数の属性を指定する場合は、以下のように指定します。

    twbcmd <jobid> <operator command Id> <attribute name>=<value>, <attribute name>=<value>

    ここで、jobIdはターゲット ジョブの名前、operatorCommandIdはそのジョブ内のストリーム オペレータの識別子、attributeNameは使用する属性、valueは指定されているレートまたは周期です。

z/OSでは、以下のようにMODIFY構文を使用します。

  • ジョブレベルのコマンドの場合:
    F <jobid>,APPL=<command>

    コマンド名を引用符で囲む必要はありません。 引用符が指定されている場合は、コマンドの一部として送信されます。

  • オペレータレベルのコマンドの場合:
    F <jobid>,APPL=<operator name> <attribute name>=<value>

    複数の属性を指定する場合は、以下のように指定します。

    F <jobid>,APPL=<operator name> <attribute name>=<value>, <attribute>=<value>