17.10 - tdloadおよびTeradata PTプロトコル - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporterリファレンス

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Release Date
2021年10月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2436-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

tdloadコマンドには、Easy Loaderジョブに対して使用する最適なロード オペレータ(例えば、Load、Update、Stream、またはInserterオペレータ)、またはエクスポート オペレータ(例えば、Export)を、ターゲット テーブルのステータスに基づき決定するインテリジェンスのある機能が用意されています。

  • ターゲット テーブルが空で、セカンダリ インデックスがない場合は、tdloadでは、Loadオペレータを使用して、データをロードします。
  • ターゲット テーブルが空ではない場合は、tdloadでは、Updateオペレータを使用してデータをロードします。
  • --SourceTableオプションまたは--SelectStmtオプションに値が指定されている場合、tdloadはExportオペレータを使用してデータベース テーブルからデータを抽出します。

    tdloadコマンド ライン オプション(上で指定)の許可されるセットの一部としてサポートされない属性は、ジョブ変数ファイルで指定する必要があります。 これは、tdloadがtbuildを内部的に呼び出し、これらの属性がジョブ変数ファイルの一部としてtbuildコマンドに渡されるためです。

    値が--SourceTableオプションと--SelectStmtオプションの両方に指定されている場合、tdloadでは、--SourceTableオプションの値を無視します。 警告メッセージがコンソールに返され、SELECT文から推測したスキーマによりジョブが続行されます。