17.10 - 重複行 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter リファレンス

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Published
2022年2月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2436-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
Last Update
2022-02-11

既存のテーブルの行の重複が抽出された重複行は、ターゲット テーブルが通常は重複行を許可するmultisetテーブルとして定義されている場合にも、挿入されません。 そのため、重複行違反はErrorTable1にもErrorTable2にも取得されません。 その代わりに、重複行はカウントされて、ジョブの終了時にステータス ログに記録されます。

ターゲット テーブルがNoPIテーブルとして定義されている場合、重複行が挿入されます。 NoPIテーブルは、重複行チェックができないため本質的にmultisetです。NoPIテーブルを使用する場合、重複行は異なるAMP上に配置できます。 そのため、重複行の削除は実行されません。

テーブルに固有プライマリ インデックスが設定されている場合、重複行がある環境では重複プライマリ インデックス エラーより優先されます。つまり、エラー行はカウントされて報告されますが、ErrorTable2に取得されません。