17.10 - 複数文リクエスト - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter リファレンス

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Published
2022年2月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2436-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
Last Update
2022-02-11

Streamオペレータは、従来型CLIv2パーセルを、ターゲット テーブルに即座に適用されるデータベースに送信します。 Streamオペレータは、効率の向上のために複数文リクエストを構築しますが、ロックによるオーバーヘッドを削減するために逐次メカニズムも採用します。

パフォーマンスを向上させるためにストリーム オペレータで使用される最も重要な手法は、複数文リクエストです。複数の文を1つのリクエストに入れることによって、次の2つが減少するという利点があります。
  • 大きなメッセージは小さなメッセージよりも効率的であることから、ネットワークのオーバーヘッド。
  • 各リクエストにおける再始動ログ テーブルの余分な1行に対する堅固動作モード回復のオーバーヘッド。

Streamオペレータは、Pack属性の指定に基づいて、複数のステートメントを1つのリクエストにパックします。