17.10 - テンポラル テーブル - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter リファレンス

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Published
2022年2月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2436-061K-JPN
Language
日本語
Last Update
2022-02-11

Streamオペレータを使用してデータをテンポラル テーブルにロードする場合、以下の例のように、CURRENT VALIDTIMEやSEQUENCED VALIDTIMEなどのテンポラル修飾子をDML文の先頭に付加する必要があります。

APPLY
('SEQUENCED VALIDTIME INSERT INTO <target table> ... ;')
 TO OPERATOR (STREAM_OPERATOR)
SELECT * FROM OPERATOR (<producer operator>);

Atomic Upsertを使用する場合は、以下の例のように、テンポラル修飾子をINSERT文ではなくUPDATE文の前に付加する必要があります。

APPLY
('SEQUENCED VALIDTIME UPDATE <target table> SET ... WHERE ... ;',
 'INSERT INTO <target table> ... ;')
 INSERT FOR MISSING UPDATE ROWS
 TO OPERATOR (STREAM_OPERATOR)
SELECT * FROM OPERATOR (<producer operator>);