17.10 - FastLoadユーティリティおよびLoadオペレータ - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter リファレンス

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Published
2022年2月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2436-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
Last Update
2022-02-11

次のテーブルに、Teradata FastLoadユーティリティの操作機能をリストし、これらの機能がLoadオペレータでサポートされるかどうかを示します。

Loadオペレータでサポートされる機能
FastLoadユーティリティ機能 Teradata PTオペレータのサポート
アクセス モジュール DataConnectorオペレータを使用する場合、サポートされる
ANSI Date サポートされる
チェックポイント/再始動 サポートされる
文字セット DEFINE JOB文の前にUSING CHARACTER SET句を使用する場合、サポートされる
構成ファイル tbuildコマンド ラインのジョブ属性オプション(-v)を使用する場合、サポートされる
CREATE TABLE文 DDLオペレータを使用する場合、サポートされる
DATABASE文 サポートされる
DELETE文 DDLオペレータを使用する場合、サポートされる
DROP TABLE文 DDLオペレータを使用する場合、サポートされる
エラー制限値 サポートされる
標識モード DataConnectorオペレータを使用する場合、サポートされる
INMODルーチン FastLoad INMOD Adapterオペレータ使用する場合、サポートされる
最大/最小セッション数 サポートされる
非標識モード DataConnectorオペレータを使用する場合、サポートされる
通知 サポートされる
NULLIF句 XB、XC、XGデータ型以外はサポートされる
オペレーティング システムのコマンド OS Commandオペレータを使用する場合、サポートされる
レコード形式 DataConnectorオペレータを使用する場合、サポートされる
RECORD n THRU m サポートされる。DataConnectorオペレータの特定の形式では、ファイルの"m"行を読み取り、"RECORD 1 THRU m"を有効にすることができます。
バージョン情報の表示 サポートされる
Tenacity機能 サポートされる
ワイルドカードのINSERT サポートされる