17.10 - その他の注意 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporterリファレンス

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Release Date
2021年10月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2436-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
  • 1つのSQL Inserterオペレータ ジョブで、データベースの1つの表またはビューをロードできます。
  • ターゲット テーブルがすでに存在している必要があります。
  • データは、空またはデータが登録されているテーブルにロードできます。
  • サポートされるのは、Teradata SQLのINSERT文だけです。他のTeradata SQL文はいずれもサポートされません。
  • Teradata SQLのINSERT文は、1つのSQL Inserterオペレータ ジョブについて1つ許可されます。 複数のステートメントは許可されません。
  • DMLグループは、1つのSQL Inserterオペレータ ジョブについて1つ許可されます。 複数のDMLグループは許可されません。
  • SQL Inserterオペレータでは、ロード ジョブ全体を単一の明示的なトランザクションとして扱います。 挿入操作中にエラーが検出された場合、SQL Inserterオペレータではその時点までに挿入されたデータのすべての行を取り消して(バックアウトして)、ジョブが終了します。
  • ターゲット テーブルは、ジョブがエラーなしで完了するまでロールバックできません。
  • 行ハッシュ レベルのロックがジョブの実行中に使用されます。 ジョブではターゲット テーブルをロックしません。
  • SQL Inserterオペレータは複数のインスタンスをサポートでき、各インスタンスは属性MaxSessionsに指定されている値に基づいて1つ以上のセッションにログオンできます。
    • 複数のセッションが使用されていて、プライマリ インデックス値が重複したデータがある場合は、データベース デッドロック2631エラーが発生する可能性があります。このエラーを回避するには、TPT SQL挿入オペレータで複数のセッションを使用しないようにします。
    • 複数のセッションが使用されていて、データがデータベース上の同じ行レベル ロックにアクセスすると、ジョブがハングする可能性があります。ハングを回避するには、TPT SQL挿入オペレータで複数のセッションを使用せずに、1つのセッションのみを使用するようにします。
  • SQL Inserterオペレータには、データベースのロード スロットは必要ありません。