17.10 - Schema Mappingオペレータの機能 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporterリファレンス

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Release Date
2021年10月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2436-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

Schema Mappingオペレータは、ユーザー提供の属性とTeradata PTジョブのDEFINE SCHEMA文に指定された形式に従って、Producerオペレータから送信されたデータを表示します。出力は、Teradata PTのプライベート ログに書き込まれます。

このオペレータは以下のことを実行するために使用します。

  • スキーマ定義が入力データを正しく記述していることをユーザーが確認できるようにします。
  • データをデバッグ目的で様々な形式で表示できるようにします。

すべてのSchema Mappingオペレータ出力は、Teradata PTのプライベート ログに書き込まれます。

Teradata PTがサポートされているすべてのプラットフォームで、Schema Mappingオペレータをサポートします。

次の図は、Schema Mappingオペレータ インターフェースを示しています。

Schema Mappingオペレータ インターフェース