17.10 - Teradata PT APPLY文でのSQL文のグループ化 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporterリファレンス

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Release Date
2021年10月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2436-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

複数のSQL文をグループ化すると、目的の論理データベース タスクを実行し、トランザクション中にステートメントの失敗またはエラーが発生した場合でもVantageの自動ロールバック機能を活用できます。

ただし、それぞれのトランザクションで各ステートメントを実行する場合、グループあたり1つのSQL文を指定する必要があります。

複数のSQL文がAPPLY文の1つのDMLグループで指定されると、グループにDDL文が含まれている場合、そのDDL文が暗黙的トランザクションの最後のステートメント、つまりグループ内の最後のステートメントであるという規則がデータベースによって実施されます。

したがって、括弧内で指定された情報(下記を参照)はグループを表わし、ステートメントの妥当性は以下のように決定されます。
  • グループ1: (DDL)は有効です。
  • グループ2: (DDL, DDL)は、1つのDDL文のみ許可されるため、無効です。
  • グループ3: (DML, DML, DDL)は有効です。
  • グループ4: (DML, DML, DML)は、グループがDDL文を含まない場合でも有効です。
  • グループ5: (DML, DDL, DML)は、DDL文がグループの最後のステートメントでないため、無効です。

スクリプトにサポートされていないまたは無効なステートメントが含まれている場合、ジョブは終了するため、続行する前にスクリプトを修正できます。