17.10 - エラー制限値 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter リファレンス

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Published
2022年2月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2436-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
Last Update
2022-02-11

Streamオペレータ ジョブを終了するまでにエラー テーブルに格納できるレコードの概数を指定する属性。

この数値が概数であるのは、Stream オペレータからデータベースに一度に複数のデータ行が送信されるからです。 エラー制限値を超えたことを示すメッセージをTeradata PTが処理するまでに、エラー制限値に指定された実際の数を上回るレコードがエラー テーブルにロードされている可能性があります。

ErrorLimitには、1以上の値を指定する必要があります。 無効な値を指定すると、Stream オペレータ ジョブは終了します。 デフォルトでは、ErrorLimit値は無制限です。

ErrorLimitの指定は、Streamオペレータの各インスタンスに適用されます。