17.10 - 拡張文字セットの使用 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter リファレンス

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Published
2022年2月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2436-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
Last Update
2022-02-11

データベースでサポートおよび定義されている限り、Teradata PTでは日本語、中国語、韓国語、ラテン語、UTF-8、およびUTF-16などの拡張マルチバイト文字セットを使用できます。

Teradata PTを使用している場合、文字セットは次の要素内で共通である必要があります。
  • データ
  • ジョブ スクリプトで指定したセッション文字セット
  • ジョブ スクリプトのエンコードに使用する文字セット

UTF-8およびUTF-16は上記の規則の例外であり、セットアップが適切に実行されていれば、データが別の文字セットにコーディングされていても、ジョブ スクリプトが1つの文字セットにコーディングされる場合があります。

UTF-8とUTF-16の互換性およびセットアップについては、ジョブ スクリプト内でのUTF-8とUTF-16の指定オプションを参照してください。

セッション文字セットのサポートで有効な値の一覧については、<Teradata Vantage™ - Advanced SQL Engine国際文字セット サポート, B035-1125>を参照してください。

UTF-8およびUTF-16は、ワークステーションに接続されたプラットフォーム上のTeradata PTでのみサポートされます。