17.10 - DataConnectorオペレータのイベント - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter リファレンス

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Published
2022年2月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2436-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
Last Update
2022-02-11

次のテーブルに、イベント コードのリストと、各イベントに対してDataConnectorオペレータが通知出口ルーチンに渡すデータについての説明を示します。 このテーブルに示されている情報は、システム ログにも送られます。

将来の拡張機能をサポートするために、ユーザー独自の通知出口ルーチンが、無効なイベント コードや未定義のイベント コードを無視して動作すること、およびそれらのイベント コードが原因でオペレータを異常終了させないことを常に確認してください。
イベント コード 通知レベル イベントの説明
イベント
0 Initialize(初期化) はい はい はい 通知機能の処理が成功したことを意味します。
  • オペレータ ハンドル - 4バイトの符号無し整数
  • オペレータ番号 - 4バイトの符号無し整数
  • オペレータ カウント - 4バイトの符号無し整数
  • ユーティリティID - 4バイトの符号無し整数
  • タスクID - 32文字(最大)の配列
  • タイムスタンプ - YYYY-MM-DDbHH:MM:SS.SSSSSS形式の26文字(固定サイズ)の配列

以下のオフセット フィールドには、イベント レコード内のデータ項目(NULLで終了する文字列であるもの)に対するバイト オフセットが格納されます。 イベント レコードのアドレスとオフセット値を併用して、各データ項目の文字列のアドレスが取得できます。

  • ジョブIDのオフセット - 4バイトの符号無し整数
  • バージョンIDのオフセット - 4バイトの符号無し整数
  • ユーティリティ名のオフセット - 4バイトの符号無し整数
  • ユーザー文字列のオフセット - 4バイトの符号無し整数
1 Directory Scan Complete(ディレクトリ スキャンの完了) いいえ いいえ はい ディレクトリ内のファイル名のスキャンが正常に処理されたことを表わします。
  • オペレータ番号 - 4バイトの符号無し整数
  • タスク名 - 32文字(最大)の配列
  • ファイル カウント - 4バイトの符号無し整数
  • タイムスタンプ - YYYY-MM-DDbHH:MM:SS.SSSSSS形式の26文字(固定サイズ)の配列
以下のオフセット フィールドには、イベント レコード内のデータ項目(NULLで終わる文字列)に対するバイト オフセットが格納されています。イベント レコードのアドレスが与えられると、そのオフセットを使用して該当文字列のアドレスを取得できます。
  • スクリプト名のオフセット - 4バイトの符号無し整数
  • ジョブ名のオフセット - 4バイトの符号無し整数
  • ジョブIDのオフセット - 4バイトの符号無し整数
  • ファイル リストのオフセット - 4バイトの符号無し整数(注: ファイル リスト内には、「ファイル カウント」がNULLで終了するファイル名の文字列が端から端まで配列されたものがあります)
2 File Read Complete(ファイル読み取りの完了) いいえ いいえ はい ファイル リスト内のファイルが正常に処理されたことを表わします。
  • オペレータ番号 - 4バイトの符号無し整数
  • タスクID - 32文字(最大)の配列
  • レコード カウント - 4バイトの符号無し整数
  • ファイル サイズ - 4バイトの符号無し整数
以下のオフセット フィールドには、イベント レコード内のデータ項目(NULLで終わる文字列)に対するバイト オフセットが格納されています。イベント レコードのアドレスが与えられると、そのオフセットを使用して該当文字列のアドレスを取得できます。
  • スクリプト名のオフセット - 4バイトの符号無し整数
  • ジョブ名のオフセット - 4バイトの符号無し整数
  • ジョブIDのオフセット - 4バイトの符号無し整数
  • ファイル名のオフセット - 4バイトの符号無し整数
3 Checkpoint(チェックポイント) いいえ いいえ はい チェックポイントが正常に処理されたことを表わします。
  • オペレータ番号 - 4バイトの符号無し整数
  • タスクID - 32文字(最大)の配列
以下のオフセット フィールドには、イベント レコード内のデータ項目(NULLで終わる文字列)に対するバイト オフセットが格納されています。イベント レコードのアドレスが与えられると、そのオフセットを使用して該当文字列のアドレスを取得できます。
  • スクリプト名のオフセット - 4バイトの符号無し整数
  • ジョブ名のオフセット - 4バイトの符号無し整数
  • ジョブIDのオフセット - 4バイトの符号無し整数
4 Terminate(終了) はい はい はい 通知機能の終了が成功したことを意味します。
  • オペレータ番号 - 4バイトの符号無し整数
  • タスクID - 32文字(最大)の配列
  • 戻りコード - 4バイトの符号無し整数
  • タイムスタンプ - YYYY-MM-DDbHH:MM:SS.SSSSSS形式の26文字(固定サイズ)の配列