17.10 - 入力レコード形式 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter リファレンス

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Published
2022年2月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2436-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
Last Update
2022-02-11

MultiLoad INMOD Adapterオペレータで使用する各入力レコードの内部フォーマットは、指定されたスキーマに一致する必要があります。

MultiLoad INMOD Adapterオペレータでは、各フィールドが指定された長さである必要があります。 長さが指定されていない場合、オペレータはデフォルトの長さを使用します。

MultiLoad INMOD Adapterオペレータは、固定長と可変長の両方の入力レコードをサポートします。

次のような2列スキーマのレコードの場合、

(
  COL1 INTEGER,
  COL2 VARCHAR(10));
各レコードの構成は次のとおりです。
  • INTEGERの長さが4であるため、4バイトの整数
  • VARCHARフィールドの2バイト長の標識
  • 2バイト長の標識フィールドで指示される長さのCHARデータ
IntelプロセッサでTeradata PTを実行しているときのバイト オーダーの例を以下に示します。
  • 例えば、整数が10進数の100で、VARCHARがASCII '12345'の場合、16進法での入力レコードは次のようになります。
    X'64 00 00 00 05 00 31 32 33 34 35'
  • 入力レコードのデータが標識モードの場合は、次のように、先頭に単一の標識バイトが付加されます。
    X'00 64 00 00 00 05 00 31 32 33 34 35'