17.10 - 配列サポート - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporterリファレンス

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Release Date
2021年10月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2436-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

配列サポート機能を使用すると、単一文のみを含むDMLリクエストを、入力データの複数行の各行につき1度実行できます。各行は配列のメンバーの1つとして指定します。 DMLは、Streamオペレータを含みArraySupportがOffに設定されていないAPPLY文内に含める必要があります。

配列サポートを使用すると、以下の理由でパフォーマンスが向上します。
  • 入力データ行につき64 KBの制限付きで、リクエストごとに送信できるデータ量が合計で約64 KBから約1 MB増加します。
  • これらのリクエストを使用する結果として、データベースの内部処理が向上します。