17.10 - SERIALIZE - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter リファレンス

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Published
2022年2月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2436-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
Last Update
2022-02-11

直列化オプションは、Streamオペレータにのみ適用されます。 トランザクションを正しい順序にする必要がある場合に、直列化オプションを使用します。 例えば、行を挿入して新しいアカウントを開くトランザクションと、そのアカウントの残高を更新する他のトランザクションがジョブに含まれる場合、トランザクションの順序は非常に重要です。

APPLY文で直列化オプションを使用すると、Streamオペレータは、指定された行に対する操作を入力ストリームからこれらの操作を受信した順序で確実に実行します。

このオプションを使用するには、順序キー(通常はプライマリ インデックス)をターゲット テーブルに関連付けます。 各入力データ行はこのキーを基にハッシュされ、各入力行を処理するために割り当てられるセッションが決定します。 これにより、同一のキーを持つすべての行が同一のセッションで順番に処理されます。このことは、行が多くのセッションに分散されている場合に特に重要です。

直列化オプションを使用する場合、Streamオペレータのインスタンスは1つだけ許可されます。 複数のインスタンスを指定すると、Streamオペレータはエラーで終了します。