17.10 - チェックポイントと再始動 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporterリファレンス

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Release Date
2021年10月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2436-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

SQL文はTeradata PTのAPPLY文で指定された順序でグループ別にデータベースに送信されるため、DDLオペレータは各グループが実行された後、チェックポイントを使用できます。 グループには1つ以上のSQL文を含めることができます。 DDLオペレータに関するチェックポイントは、DDL/DML SQL文の最後のグループを示し、正常に実行されるようにします。

DDLオペレータはSQL文のグループの先頭で再始動しますが、その実行は正常でない終了によって中断されます。 中断されたグループが1つのSQL文のみを持つ場合、DDLオペレータはそのステートメントで再始動します。

再始動する前に最後のリクエストが成功した場合、オペレータは行の次のリクエストで再開できます。 再始動する前に最後のリクエストが失敗した場合、オペレータは失敗したリクエストで再開できます。