17.10 - エラー テーブルの維持 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporterリファレンス

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Release Date
2021年10月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2436-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

デフォルトでは、エラー テーブルが空ではない限り、Streamオペレータはデータのロード後にエラー テーブルを削除します。 以下のようにDropErrorTable属性をNOに設定することで、データのロード後もエラー テーブルを維持できます。

VARCHAR DropErrorTable = 'NO'

エラー テーブルを維持すると、以降のジョブでエラー テーブルを再利用でき、テーブルの削除に必要な時間を節約できます。