17.10 - TDCH-TPTインターフェースの制限 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporterリファレンス

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Release Date
2021年10月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2436-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
  • TDCH-TPTインターフェースを利用するには、TPTを実行しているノードにHadoopクライアントJARをインストールしておく必要があります。これは、DataConnectorオペレータがHadoop CLIの呼び出しを介してMapReduceジョブを起動できる必要があるからです。
  • TDCH-TPTインターフェースをサポートしているプラットフォームは、Linuxのみです。
  • DataConnectorオペレータは、Hadoopのファイルとテーブルの読み取りと書き込みでTDCHに依存しているため、従来のDataConnectorオペレータ属性の多くはTDCH-TPTインターフェースでサポートされません。 例えば、DataConnector Producerを使用する場合、FileName属性よりもTDCH固有のHadoopSourcePaths属性が優先されます。 それと同様に、Format属性よりもTDCH固有のHadoopFileFormat属性が優先されます。 TDCH固有のHadoop属性とともにサポートされない属性がサブミットされた場合、TPTジョブは失敗します。
  • TDCHのバッチ処理の性質上、DataConnectorオペレータのアクティブ データ ウェアハウス機能の多くは、TDCH-TPTインターフェースを使用する場合にサポートされません。 例えば、MapReduceジョブはデータを順不同で処理するため、TDCH-TPTインターフェースを利用する場合は、DataConnectorのチェックポイント/再始動機能が使用できません。 同様に、TDCHジョブは引数として単一のファイルまたはテーブルの名前を必要とするため、TDCH-TPTインターフェースを利用する場合は、DataConnectorオペレータのディレクトリ スキャン機能が使用できません。 TDCH-TPTインターフェースとともにサポートされていない機能が利用された場合、TPTジョブは失敗します。
  • TDCH-TPTインターフェースを使用してHadoopのファイルとテーブルを処理する場合、複数インスタンスのDataConnectorオペレータはサポートされていません。 複数インスタンスのDataConnectorが定義されている場合、TPTジョブは失敗します。