17.10 - FormatFields - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporterリファレンス

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Release Date
2021年10月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2436-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

FormatFieldsをYに設定すると、Teradata PTプライベート ログに次のような出力が生成されます。

Record Number: 19
Field1       0000       0000CAFE
Field2       0004       00000BAD
Field3       0008       5758595A
Field4       000C       32303030
Field5       0010       2D30312D 3031
Field6       0016       001B5465 72616461 7461

出力は以下のものを示します。

  • レコード番号
  • フィールドの名前
  • フィールドの16進法のオフセット。 例えば、field2はオフセットx'4'から、field5はオフセットx'16'から開始します。
  • フィールドの開始から16進法文字のフィールド自体

FormatFieldsをNに設定すると、すべての"dump"属性がNに設定されている場合にのみ、Teradata PTプライベート ログに次のような出力が生成されます。

出力は、DumpFieldsNoTransが生成する出力と同じです。
Record Number : 20
COL001      34 31 31 32 2D 30 32 2D 31 32
COL003      97
COL005      54
COL006      55
COL007      56
COL009      FF FE F5 CC
COL012      80 00 8C C0
COL015      00 01 00 30 20.

出力は以下のものを示します。

  • レコード番号
  • 列名
  • フィールドの開始から16進法文字のフィールド自体。