17.10 - Teradata PTによるUDTの取得 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter リファレンス

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Published
2022年2月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2436-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
Last Update
2022-02-11

Teradata PTは他のテーブルの場合と同じ方法で、UDT列を含むテーブルから値を取得できます。

Teradata PTジョブで使用されるSELECT文の選択リストにUDT式が含まれている場合、データベースは自動的にUDTデータを外部型に変換してから、Teradata PTにデータを返します。

したがって、".RETRIEVE"コマンドで参照された出力場所に書き込まれてデータは、UDTに関連付けられた外部型となります。