17.10 - オブジェクト定義ステートメント - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter リファレンス

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Published
2022年2月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2436-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
Last Update
2022-02-11

オブジェクト定義ステートメントは、スクリプト内のジョブの目的遂行に必要なすべてのTeradata PTオブジェクトを定義します。

APPLY文でTeradata PTオブジェクトを使用してTeradata PTジョブを実行するためには、このオブジェクトを最初に定義する必要があります。

次のテーブルに、各オブジェクト定義ステートメントの機能の簡単な説明を示します。

以下に示す各ステートメントの詳細にアクセスするためには、以下のリンクをクリックしてください。

Teradata PTオブジェクト定義ステートメント
ステートメント 関数
DEFINE JOB 必須。

すべての定義ステートメントとAPPLY文をパッケージ化します。

ジョブに名前を付けて定義します。Teradata PTオブジェクトは、先に定義してから、ジョブ定義内で参照します。

DEFINE OPERATOR 必須。

特定のTeradata PTオペレータのプロパティを定義します。

DEFINE SCHEMA 必須。

特定のデータ型の列の観点から、抽象データ オブジェクトの構造、つまり構成を定義します。

スキーマは、ファイルやテーブルなど、実際のデータ オブジェクトの構造の記述に使用できます。 特定のスキーマ定義は、複数のデータ オブジェクトの記述に使用できます。