17.10 - 拡張MultiLoadプロトコル - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter リファレンス

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Published
2022年2月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2436-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
Last Update
2022-02-11

拡張MultiLoad プロトコルは、ターゲット テーブルに制限があるために従来のMultiLoadプロトコルが使用できないときに、そのターゲット テーブルにデータをロードするための代替方法になります。

あるジョブで従来のMultiLoadプロトコルを使用するか、拡張MultiLoadプロトコルを使用するかは、データベースが決定します。 そのジョブで従来のMultiLoadプロトコルが使用できるときには、そのプロトコルが使用されます。 そのジョブで従来のMultiLoadプロトコルが使用できないときには、拡張MultiLoadプロトコルが使用されます。 ユーザーは、ジョブで使用するプロトコルを選択できません。

次に、拡張MultiLoadプロトコルを使用するジョブを示します。

  • ターゲット テーブルに、結合インデックス、ハッシュ インデックス、固有セカンダリ インデックス、または参照整合性が含まれています。
  • ターゲット テーブルに、プライマリ インデックスがありません。
  • ターゲット テーブルには、ラージオブジェクト(LOB)列があります。LOB列にはバイナリ ラージ オブジェクト(BLOB)または文字ラージ オブジェクト(CLOB)を指定できます。
  • ターゲット テーブルにはXML列またはJSON列があります。

次の表は、従来のMultiLoadプロトコルと拡張MultiLoadプロトコルについて、Updateオペレータの観点からの相違点を示しています。

比較項目 従来のMultiLoadプロトコル . . . 拡張MultiLoadプロトコル . . .
セッション数 MultiLoadセッションを使用します。 SQLセッションを使用します。
DML文 DMLグループごとに複数のDML文をサポートします。 DMLグループごとに1つのDML文または1つのUpsert文のみをサポートします。
バッファ サイズ(KB単位) 最大16,384 KBをサポートします。 N/A
PACK係数 N/A Array Insert文ごとに最大16,383データ レコードをサポートします。
作業テーブル 1つ以上の作業テーブルを使用できます。 最初の作業テーブルのみを使用します。
削除タスク 削除タスクをサポートします。 削除タスクをサポートしません。
取得句 ステージング作業テーブルへのデータの移入にデータ パーセルを使用します。 ステージング作業テーブルへのデータの移入にArray Insert文を使用します。
アプリケーション句 ステージング作業テーブルの行をターゲット テーブルに適用するために、EXEC MLOADリクエストを使用します。 ステージング作業テーブルの行をターゲット テーブルに適用するために、Merge Intoリクエストを使用します。
パフォーマンス 高速です。 低速です。

次に、拡張MultiLoadプロトコルの制限事項を示します。ターゲット テーブルにできないものは、次のとおりです。

  • 列パーティション化されたテーブル。
  • レプリケーション グループ
  • プライマリ インデックスとして定義された識別列を持つテーブル。
  • トリガーのあるテーブル