17.10 - Unicode文字セットとのLONG VARCHARの使用 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter リファレンス

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Published
2022年2月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2436-061K-JPN
Language
日本語
Last Update
2022-02-11

TeradataはLONG VARCHAR列型をサポートします。 シングルバイトの文字セット(クライアント セッション文字セットおよびサーバー記憶装置の文字セットの両方)を処理する場合、LONG VARCHARはVARCHAR(64000)として解釈されます。

スクリプトを処理し、LONG VARCHAR型の列を見つけた場合、Teradata PTはこの列型をVARCHAR(64000)として解釈します。 列型がオペレータに渡されると、一部のジョブが適切に実行されないことがあります。

サーバー側の記憶装置の文字セットがUnicodeの場合、またはスキーマ定義でLONG VARCHAR列型が使用されている場合、問題が発生することがあります。 これは、クライアント側のセッション文字セットとサーバー記憶装置の文字セットが組み合わさることで、VARCHAR(64000)以外のものを表わすためにDML USING句でLONG VARCHARの指定が発生する可能性があるためです。

サマリー

  • スキーマ オブジェクトの定義でのLONG VARCHARの使用は推奨されません。
  • LONG VARCHARは、Unicode文字セットと一緒に使用しないでください。 代わりに、VARCHAR(64000)を指定してください。