17.10 - 遅延メソッドの使用 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporterリファレンス

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Release Date
2021年10月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2436-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

ジョブで遅延メソッドを使用する場合は、そのデータ内容によってLOB列を BLOB (lengthBytes) AS DEFERRED BY NAMEまたはCLOB (lengthBytes) AS DEFERRED BY NAMEとしてスキーマで定義する必要があります。

ジョブの実行中には次のイベントに注意してください。

  • ODBCオペレータは遅延LOB列からデータを取得し、外部データ ファイルにそのデータを書き込みます。 これらのデータ ファイルは、LobDirectoryPath属性で指定されたディレクトリ、またはLobDirectoryPath属性を使用していない場合は現在の作業ディレクトリに一時的に置かれます。
  • 1つのデータ ファイルは、1つのLOB列のデータを示します。

    これらのLOBデータ ファイルには、次のような定型の名前が付いています。

    <file-basename>_<column-name>_<job-id>_p<#>_r<#>.<file-extension>

    構文規則:

    • <file-basename>は、LobFileBaseName属性で指定される値です。
    • <column-name>は、ソース テーブルで定義される列の名前です。
    • <job-id>は、tbuildコマンド ラインからのジョブ名です。
    • <#>は、Teradata PTが内部で生成する整数です。
    • <file-extension>は、LobFileExtension属性で指定する値です。

    これらのLOBデータ ファイルのデータがターゲット テーブルに挿入されるとすぐに、LOBデータ ファイルは削除されます。