17.10 - チェックポイントと再始動 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter リファレンス

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Published
2022年2月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2436-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
Last Update
2022-02-11

SQL Inserterオペレータは、ロード操作がデータベースの再始動により中断された場合にSQL Inserterオペレータを自動的に再始動できるように、ロード操作中にデータの開始チェックポイントとデータの終了チェックポイントという2つの基本チェックポイントを記録します。

Inserterオペレータには、エラーの後に中断したところからロード ジョブを再開する機能がありません。 間隔チェックポイントの使用は、Inserterオペレータを使用するほとんどのロード ジョブで推奨されていません。ただし、ターゲット テーブルが空で、JSON、XML、またはLOBの列を持つ数百万のデータ行をロードする場合は、間隔チェックポイント オプションを使用すると、ジョブのロード中にデッドロック エラーの可能性を回避することができます。

チェックポイントと再起動の詳細については、<Teradata® Parallel Transporterユーザー ガイド, B035-2445>を参照してください。