17.10 - TPumpユーティリティおよびStreamオペレータ - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter リファレンス

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Published
2022年2月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2436-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
Last Update
2022-02-11

以下のテーブルには、Teradata TPumpユーティリティの機能の一覧と、これらの機能がStream オペレータまたは別のTeradata PTオペレータでサポートされているかどうかが示されています。

Streamオペレータ機能のサポート
TPumpユーティリティ機能 Streamオペレータ
フィールドの絶対位置指定(FIELDコマンドによる制御) サポートされない
アクセス モジュール DataConnectorオペレータを使用する場合、サポートされる
ANSI Date サポートされる
DML文のARRAYサポート サポートされる
チェックポイント/再始動 サポートされる
文字セット DEFINE JOB文の前にUSING CHARACTER SET句を使用する場合、サポートされる
構成ファイル tbuildコマンド ラインのジョブ属性オプション(-v)を使用する場合、サポートされる
CREATE TABLE文 DDLオペレータを使用する場合、サポートされる
DATABASE文 サポートされる
DELETE文 DDLオペレータを使用する場合、サポートされる
DROP TABLE文 DDLオペレータを使用する場合、サポートされる
環境変数 サポートされない
エラー制限値 サポートされる
EXECUTE サポートされる、APPLY文を使用
IF-ELSE-ENDIF構成 サポートされない
標識モード DataConnectorオペレータを使用する場合、サポートされる
INMODルーチン MultiLoad INMODアダプタ オペレータを介する場合、サポートされる
最大/最小セッション数 サポートされる
MARK/IGNORE EXTRA UPDATE/DELETE DMLオプション APPLY文でMARK/IGNORE EXTRA UPDATE/DELETE DMLオプションを使用する場合、サポートされる
非標識モード DataConnectorオペレータを使用する場合、サポートされる
通知 サポートされる
NULLIF句 XB、XC、XGデータ型以外はサポートされる
オペレーティング システムのコマンド OS Commandオペレータを使用する場合、サポートされる
Periodicity実行時パラメータ サポートされる
事前定義のシステム変数(SYSDATE、SYSDAY) サポートされない
QUEUETABLE サポートされる
マクロを維持する-m実行時パラメータ サポートされる
データベースにステートメントを送信する周期を制限するRATEキーワード サポートされる
レコード形式 DataConnectorオペレータを使用する場合、サポートされる
RECORD n THRU m DataConnectorオペレータでは限定された形式でサポートされ、ファイルの先頭のm行を読み取ることができるので、実質的に「RECORD 1 THRU m」が可能になる
レプリケーション サービスの上書き サポートされる
代替ファイルへのメッセージのルーティング ロガー サービスを介してサポートされる
RUN FILE Teradata PTスクリプト言語を介してサポートされる
複数のスキーマ サポートされない
バージョン情報の表示 サポートされる
Tenacity機能 サポートされる
TPumpモニター インターフェース サポートされない
ユーザー定義変数 スクリプト言語を介し、制限付きでサポートされる
ワイルドカードのINSERT サポートされない("INSERT INTO tablename.*;"を使用できない)