17.10 - 必須属性および任意属性 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporterリファレンス

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Release Date
2021年10月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2436-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

OS Commandオペレータの必須および任意の属性値を宣言するには、Teradata PTのDEFINE OPERATOR文で属性定義リスト構文を使用します。



構文規則:

OS Commandオペレータの属性の説明
構文要素 説明
CmdType='option' コマンド タイプを指定する任意の属性(IBM z/OSのみ)。

有効な値は次のとおりです。

  • ’tso’
  • ’uss’

何も指定されていない場合、’uss’がデフォルトです。

引数は、単一のVARCHAR(’tso’または’uss’)またはVARCHARの配列([’tso’, ’uss’])にできます。

次の値は無効です。[, ’uss’, , ’tso’]

IgnoreError = 'option' オペレーティング システムから返されたエラーを無視するか、ジョブを終了するかを指定する、任意選択の属性。

有効な値は次のとおりです。

  • 'Yes' (または'Y') = オペレーティング システムの実行からエラーが返された場合、Teradata PTジョブを続行します(デフォルト)。
  • 'No' (または'N') = オペレーティング システムの実行からエラーが返された場合、Teradata PTジョブを終了します。
VARCHAR 配列には、複数の値を指定できます。例えば、次のように指定します。
  • VARCHAR IgnoreError = 'YES'
  • VARCHAR IgnoreError = 'NO'
  • VARCHAR ARRAY IgnoreError = [ 'YES' ]
  • VARCHAR ARRAY IgnoreError = [ 'YES', 'NO' ]

上記のケースのように使用される場合、条件はARRAY OsCmd属性で使用されるコマンドの番号に対応します。

PrivateLogName = 'logName' Teradata PT Loggerによってパブリック ログ内部に保持されるログの名前を指定する任意の属性。 プライベート ログには、オペレータによる出力がすべて記録されます。

次のようにtlogviewコマンドを使用してプライベート ログを表示することができます。jobIdはTeradata PTのジョブ名であり、privateLogNameはオペレータのPrivateLogName属性の値です。

tlogview -j jobid -f privatelogname

プライベート ログを指定しない場合、出力はすべてパブリック ログに格納されます。

tlogviewコマンドの詳細については、Teradata PTユーティリティのコマンドを参照してください。

TraceLevel = 'level' オペレータの各インスタンスによってパブリック ログ(または、PrivateLogName属性で指定されている場合はプライベート ログ)に書き込まれる診断メッセージの種類を指定する任意の属性。 診断トレース機能は、ログ ファイルで詳細な情報を提供するため、問題の追跡や診断に役立ちます。

トレース レベルは次のとおりです。

  • 'None' = トレース機能を無効にします(デフォルト)。
  • 'PX' = Teradata PTインフラストラクチャに関連するアクティビティについてのトレース機能を有効にします。
  • 'Oper' = オペレータ固有のアクティビティについてのトレース機能を有効にします。
  • 'All' = 上記すべてのアクティビティについてのトレース機能を有効にします。

VARCHAR ARRAYを使用すると、複数の値を指定できます。以下に例を示します。

VARCHAR TraceLevel = 'PX'
VARCHAR TraceLevel = 'OPER'
VARCHAR ARRAY TraceLevel = [ 'PX' ]
VARCHAR ARRAY TraceLevel = [ 'PX', 'OPER' ]
TraceLevel属性は、診断を支援するためにのみ指定します。 この属性によって得られる追加情報の量と種類は、ニーズの変化に合わせてリリースごとに変わります。
VARCHAR 定義済み属性のデータ型としてVARCHARを指定するキーワード。