17.10 - DDLオペレータの機能 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporterリファレンス

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Release Date
2021年10月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2436-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

DDLオペレータのメイン タスクは、SQL文をデータベースに送信し、ロード タスクまたはエクスポート タスクを実行する前にセットアップ操作を行なうことです。

DDLオペレータは、メイン ジョブ タスクを実行するTeradata PTオペレータが必要とするエラー テーブルまたはインデックスの作成または削除によく使用されます。例えば、DDLオペレータを使用してINSERT…SELECT文を実行依頼することによって、テーブル間でデータを移動できます。DDLオペレータはミニ バッチでのタスクのロードの実行にも使用されます。

DDLオペレータは、Producerオペレータおよび Consumerオペレータのどちらでもありません。 Teradata PTデータ ストリームからのデータ レコードの取得およびデータ ストリームへのレコードの挿入のどちらも行ないません。 APPLY文は、DDLオペレータが定義されているTeradata PTジョブ スクリプトで使用します。

データベースの状態は特定のジョブ スクリプトの使用で変化する可能性があるため、特定のTeradata PTジョブを実行する前にスクリプト内のDDLオペレータを追加または変更する必要を常に評価する必要があります。

次の図は、DDLオペレータ インターフェースを示しています。