17.10 - 目的 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter リファレンス

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Published
2022年2月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2436-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
Last Update
2022-02-11

DEFINE OPERATOR文は、Teradata PTオペレータ オブジェクトを定義します。 オペレータ オブジェクトは、Teradata PTオペレータ(実際にソースからターゲットにデータを移動するジョブ コンポーネント)とその他のサポート ジョブ機能を識別します。

Teradata PTには、標準(または事前定義)のオペレータのセットが用意されています。 これらのオペレータは、次のTYPEキーワードで識別できます。

タイプ 定義
DATACONNECTOR PRODUCER プロデューサとして使用されるDataConnectorオペレータ
DATACONNECTOR CONSUMER コンシューマとして使用されるDataConnectorオペレータ
DDL DDLオペレータ
EXPORT Exportオペレータ
FASTEXPORT OUTMOD FastExport OUTMOD Adapterオペレータ
FASTLOAD INMOD FastLoad INMOD Adapterオペレータ
INSERTER SQL Inserterオペレータ
LOAD Loadオペレータ
MULTILOAD INMOD MultiLoad INMOD Adapterオペレータ
ODBC ODBCオペレータ
OS COMMAND OS Commandオペレータ
SCHEMAMAPPER Schema Mappingオペレータ
SELECTOR SQL Selectorオペレータ
STREAM Streamオペレータ
UPDATE Updateオペレータ

これらのTeradata PTの標準的な各オペレータの機能、属性、および必須構文の詳細については、このドキュメントの該当するトピックを参照してください。

Teradata PTでは、より汎用的なTYPEキーワードを使用してオペレータを定義できます。 例えば、独自のオペレータを作成する場合は、次のTYPE指定を使用してTYPEを定義する必要があります。

タイプ 定義
PRODUCER データ ソースから受け取ったデータからデータ ストリームを生成するオペレータ。
CONSUMER データ ストリームからデータを取得してデータ ターゲットにロードするオペレータ。
FILTER データ ソースとデータ ターゲット間を移動するデータをフィルタ処理するオペレータ。
STANDALONE 他のオペレータとの間でデータを送受信せずに単独で動作するオペレータ。

カスタマー コーディングされたオペレータの作成の詳細については、<Teradata Parallel Transporter Operator プログラマ ガイド、B035-2516>を参照してください。

Teradata PTには、オペレータ ライブラリ ファイルやメッセージ カタログ ファイルなど、標準のオペレータに関する内部ナレッジが用意されています。そのため、DEFINE OPERATOR文でこれらのプロパティを指定する必要はありません。

Teradata PTには、カスタマー コーディングされたオペレータに関する内部ナレッジは用意されていません。そのため、標準の名前を使用しない場合は、前者はEXTERNAL NAMEキーワード句で、後者はMSGCATALOG属性でそれぞれ指定する必要があります。非推奨の構文のMSGCATALOG “catalog-name"を参照してください。