17.10 - Teradata PTジョブのDDLオペレータ関数 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter リファレンス

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Published
2022年2月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2436-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
Last Update
2022-02-11
Teradata PTジョブでDDLオペレータを使用すると、Teradata PTは以下のことを実行するようにDDLオペレータのインスタンスに指示します。
  • ジョブ スクリプトで指定されているユーザー名、パスワード、データベース名、およびアカウントID情報を使用して、データベースにログオンします。
  • スクリプトに無効またはサポートされていないステートメントが含まれている場合、オペレータは終了します。
  • リクエスト(これは1つのステートメントまたは複数のステートメントにできます)をデータベースに実行依頼し、これらのステートメントから返されたパーセルを処理します。
  • エラーが発生した場合、エラーがErrorList属性で指定されていない限り、エラー メッセージを発行して終了します。この場合、DDLオペレータはエラーを無視し、ジョブの処理を続行します。
  • データベースからログオフします。
  • 成功したリクエスト、失敗したリクエスト、または無視されたリクエストの数を示す終了ステータスを発行します。
  • 再始動の場合、前の実行で実行されていたが完了に失敗したグループで再開します。