17.10 - チェックポイントと再始動 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter リファレンス

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Published
2022年2月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2436-061K-JPN
Language
日本語
Last Update
2022-02-11

Loadオペレータは取得フェーズの開始時と終了時にチェックポイントを取得します。 取得フェーズ中のより詳細なチェックポイントは、tbuildコマンドを使用してTeradata PTを実行する場合に、コマンド ライン オプション-zを使用して指定できます。 -zオプションでは、チェックポイント間隔を秒単位で指定でします。

次のコマンド文字列は、-zオプションの例です。

tbuild -f <file name> -z 30

このコマンドで、-fオプションはtbuildに入力されるスクリプトを指定し、-zオプションはチェックポイントが30秒ごとに取得されることを指定します。

DEFINE JOB文を使用して、チェックポイント値を指定することもできます。

適用フェーズ中のチェックポイント取得は、高度なSQL Engineによって内部で管理されるため、ユーザー制御されません