17.10 - ユーザー定義関数(UDF) - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporterリファレンス

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Release Date
2021年10月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2436-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

高度なSQL Engineでは、一般的なユーザーのさまざまなニーズに応える幅広いビルトイン関数を用意しています。 高度なSQL Engineでは、標準の関数だけでは不十分な場合に、データベース内の通常のSQLの機能を拡張するユーザー定義関数(UDF)を定義できます。

UDFとは、作成または購入するデータベース オブジェクトです。 例えば、ソース コードを提供しないサード パーティのベンダー製のUDFのオブジェクトまたはパッケージをインストールできます。 UDFは、SQRT、ABS、TRIMなどの標準のSQL関数と類似しており、同じような方法で呼び出します。

UDFは、CまたはC++で記述してからコンパイルして共有オブジェクトにすることができます。 UDFは、コンパイルが完了すると、ビジネス ルールの実施やデータの変換の支援などのアクティビティのためにSQL文で使用できます。