17.10 - 環境変数 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter リファレンス

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Published
2022年2月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2436-061K-JPN
Language
日本語
Last Update
2022-02-11
ほとんどの環境変数は制御または変更するのが困難です。環境変数の内容は次のとおりです。
  • StreamオペレータがTPAノード、非TPAノード、または外部クライアントのいずれで実行されているか
  • クライアント プラットフォームの電力
  • クライアントとデータベース間のパイプ(ネットワークまたはチャネル)のサイズ
  • サーバのノード数とCPU電力
  • Streamオペレータ クライアント ソフトウェアのバージョン
  • Vantageソフトウェアのバージョン

1つの環境でテストしているときに、Streamオペレータ ジョブを完全に異なる環境内で実働させる予定がある場合は、環境変数を考慮することが特に重要になります。1ノードのTeradataテスト システムで最適化されたStreamオペレータのパラメータ セットに基づくパフォーマンス予測は、より強力なクライアントと幅広いネットワーク帯域幅を備えた20ノードの実働システムに移行した場合、完全に有効にはならない可能性があります。いくつかのパラメータ設定をテスト環境から実働環境に移行することについて再考する必要があります。