17.10 - Updateオペレータの機能説明 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter リファレンス

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Published
2022年2月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2436-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
Last Update
2022-02-11

Updateジョブの間、Updateオペレータはデータベースのテーブルをロードします。 各インスタンスは、Teradata PTのデータ ストリームから行を取得して、これらをデータベースに送信します。 複数の並列インスタンスを使用すると、更新のパフォーマンスが向上します。

Updateオペレータは、データ ブロックを一度だけ読み取ります。 このオペレータはデータ ストリームから行を読み取り、そのデータをバッファに書き込んでから、そのデータのバッファをセッションを超えて使用可能なAMPに送信します。

このプロセスは、プライマリ インデックスのキーとなるテーブルに対するすべての変更内容に依存します。そのため、Updateオペレータを使用する場合は、すべてのトランザクションがプライマリ インデックス操作である必要があります。ただし、DELETEタスクを使用している場合、このルールは適用されません。詳細については、DELETEタスク オプションを参照してください。