17.10 - セッションおよびインスタンス - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporterリファレンス

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Release Date
2021年10月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2436-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

Streamオペレータでは、データベースとのコミュニケーションにTeradata SQLセッションを使用するため、データベース ロード スロットは使用しません。 Streamオペレータは、行レベルのロックを使用して継続的な更新を実現し、通常のシステム使用中にバックグラウンドで連続ロード操作できるようにします。

最小セッション数および最大セッション数は、Streamオペレータで使用できます。 最小値の指定は1です。 デフォルトは、オペレータ インスタンスごとに1セッションです。

セッション数は、オペレータ インスタンスの数に応じて等分に分散されます。 20セッションが要求され、オペレータのインスタンスが4つ呼び出された場合、それぞれのインスタンスは5つのセッションを受け取ります。

その他のセッション制限

ストリーム オペレータのMinSessions属性とMaxSessions属性で指定する値は、ストリーム オペレータがデータベースに対して確立するセッション数を制限する唯一の要因ではありません。他に以下の制限要因があります。
  • アプリケーションごとの最大セッション数に関するプラットフォームの制限。
    • UNIX、Linux、およびWindowsシステムのワークステーションに接続されたクライアント システムでは、この値はCOPインターフェース ソフトウェア ファイルのclispb.datmax_num_sess変数で定義します。
    • メインフレーム接続のz/OSクライアント システムでは、この値はIBCSMAX設定の下のHSHSPBパラメータで定義されます。
    • メインフレーム接続のz/OSクライアント システムでは、TDP SET MAXSESSIONSコマンドを使用して、プラットフォームの制限を指定します。
  • ワークステーション接続システムのネットワーク プロトコル ソフトウェアの制限。

Streamオペレータの実行中、実際のセッション制限は、最初に出現した制限要因によって決定します。