17.10 - 任意選択の属性 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporterリファレンス

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Release Date
2021年10月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2436-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

Schema Mappingオペレータの任意の属性値を宣言するためには、Teradata PTのDEFINE OPERATOR文で属性定義リスト構文を使用します。





構文規則:

Schema Mappingオペレータの属性の説明
構文要素 説明
AllRecords =option データ形式が、Teradata PTスキーマ マッピング ジョブのDEFINE SCHEMA文で指定されたデータ形式に準拠するレコードをすべて表示するかどうかを指定する任意選択の属性。

有効なオプションは次のとおりです。

  • ’No’ = 1つのレコードを表示します(デフォルト)。
  • ’Yes’ = すべてのレコードを表示します。
FormatFields = ’option レコード フィールドの16進法のオフセット、およびフィールドの開始から16進形式のレコード フィールド自体を表示するかどうかを指定する任意選択の属性。

FormatFieldsはコントロール バイトを表示しません。 例えば、FormatFieldsは行終了マーカーまたはファイル終了マーカーのバイトを表示しません。

有効オプションは次のいずれかです。

  • ’No’ = この形式を表示しません(デフォルト)。
  • ’Yes’ = レコード フィールドの16進数のオフセット(レコード フィールドごと)、および16進数でレコード フィールドを表示します。
DumpFieldsNoTrans = ’option 16進形式でフィールドを表示して、16進法文字のASCII文字への変換を表示しないかどうかを指定する任意選択の属性。

有効オプションは次のいずれかです。

  • ’No’ = 他の形式の表示オプションがすべて’No’に設定されていないかぎり、この形式を表示しません(デフォルト)。
  • ’Yes’ = フィールドを16進文字で表示しますが、ASCII文字では表示しません。
DumpFieldsWithTrans = ’option 16進法文字のASCII文字への変換を含め、16進形式でフィールドを表示するかどうかを指定する任意選択の属性。

有効オプションは次のいずれかです。

  • ’No’ = この形式を表示しません(デフォルト)。
  • ’Yes’ = フィールドを16進文字およびASCII文字で表示します。
DumpRecordsNoTrans = ’option 16進形式でレコードを表示して、16進法文字のASCII文字への変換を表示しないかどうかを指定する任意選択の属性。

有効オプションは次のいずれかです。

  • ’No’ = この形式を表示しません(デフォルト)。
  • ’Yes’ = レコードを16進形式で表示しますが、ASCII文字では表示しません。
PrivateLogName = ‘option Teradata PT Loggerによってパブリック ログ内部に保持されるログの名前を指定する任意の属性。 プライベート ログには、オペレータによる出力がすべて記録されます。

プライベート ログは、tlogviewコマンドを次のように使用すると表示できます。ここで、jobidはTeradata PTジョブ名を、privateLogNameはオペレータのPrivateLogName属性の値を示します。

tlogview -j jobid -f privatelogname

プライベート ログを指定しない場合、出力はすべてパブリック ログに格納されます。 デフォルトでは、診断トレース メッセージは生成されません。 診断トレース メッセージは、ユーザーがTraceLevel属性に有効な値を設定している場合にのみ生成されます。

tlogviewコマンドの詳細については、Teradata PTユーティリティのコマンドを参照してください。

DumpRecordsWithTrans = ’option 16進法文字のASCII文字への変換を含め、16進形式でレコードを表示するかどうかを指定する任意選択の属性。

有効オプションは次のいずれかです。

  • ’No’ = この形式を表示しません(デフォルト)。
  • ’Yes’ = レコードを16進文字およびASCII文字で表示します。
RecordCount = integer データ形式が、ユーザー提供の属性とTeradata PTスキーマ マッピング ジョブのDEFINE SCHEMA文で指定されたデータ形式に準拠するレコードの表示数を示す任意選択の属性。

有効な値は、以下のとおりです。 有効な正の整数は、0~4294967296です。

SkipRows= integer データ形式が、ユーザー提供の属性とTeradata PTスキーマ マッピング ジョブのDEFINE SCHEMA文で指定されたデータ形式に準拠するレコードの表示開始前にスキップされる行数を示す任意選択の属性。

例えば、RecordCountが10に設定され、SkipRowsが5に設定されている場合、5つの行がスキップされ、Schema Mappingオペレータは最後の5つのレコードを表示し、レコード番号は6から10になります。

有効な値は次のとおりです。 任意の正の整数。

SkipRowsのデフォルト値は0です。これは、レコードがスキップされないことを意味します。

TraceLevel = 'level' オペレータの各インスタンスによってパブリック ログ(PrivateLogName属性で指定されている場合はプライベート ログ)に書き込まれる診断メッセージの種類を指定する任意の属性。 診断トレース機能は、ログ ファイルで詳細な情報を提供するため、問題の追跡や診断に役立ちます。 トレース レベルは次の通り
  • 'None' = トレース機能を無効にします(デフォルト)。
  • 'All' = 上記すべてのアクティビティについてのトレース機能を有効にします。
TraceLevel属性は、診断を支援するためにのみ指定します。 この属性によって得られる追加情報の量と種類は、ニーズの変化に合わせてリリースごとに変わります。
です。