17.10 - クエリー バンドの考慮事項 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter リファレンス

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Published
2022年2月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2436-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
Last Update
2022-02-11

Load、Update、Stream、Export、SQL Selector、SQL InserterおよびDDLオペレータを通じて利用可能な、QueryBandSessInfo属性を使用して、Vantageのクエリー バンド機能を設定します。

QueryBandSessInfo属性は、ARRAY属性として指定することができ、QueryBandSessInfo属性を利用できるオペレータは、ARRAY属性でクエリー バンド データのエントリごとにデータベースにSET QUERY_BANDリクエストを別々に送ることができます。

Teradata Dynamic Workload Manager(Teradata DWM)とTeradata PTを使用しているシステムでの対話に関する考慮事項が2つあります。
  • Teradata Dynamic Workload Managerは、Teradata PTオペレータに対する最初のユーティリティ独自のコマンドを分類します。 QueryBandSessInfo属性に1つ以上の値が含まれる場合は、クエリー バンドに基づいて分類されます。
  • QueryBandSessInfo属性に1つ以上の値が含まれる場合は、システムはセッション文脈にフラグを設定して、後続のすべてのオペレータ コマンドが分類されないようにします。 これにより、そのオペレータのすべての作業を同じ優先順位とワークロード定義で実行されるようになります。
  • 遅延オプションが指定されている場合は、実行できる条件を満たすまでTeradata DWMが自動的にログオンを遅らせるため、TENACITY/TenacityHours属性とSLEEP/TenacitySleep属性はそのジョブに対して無効になります。