17.10 - 非参加AMP - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter リファレンス

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Published
2022年2月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2436-061K-JPN
Language
日本語
Last Update
2022-02-11

AMPは、以下のいずれかの方法で、Updateオペレータ タスクに対して非参加にすることができます。

  • 取得フェーズの終了時/適用フェーズの開始時にいずれかのAMPが停止している場合に、AmpCheckの'None'オプションが指定されていると、関連するAMPは非参加になります。 AMPが停止している場合は取得フェーズ後にUpdateオペレータは稼働せず、ターゲット テーブルは非フォールバックするので、ターゲット テーブルをフォールバック保護するように定義している場合に限りAMPを非参加にすることができます。 AmpCheckの'Apply'オプションおよび'All'オプションは、この状況で非参加AMPが発生しないようにします。
  • 適用フェーズ中に特定のUpdateオペレータ テーブルでI/Oエラーが発生した場合に、I/O回復操作がUpdateオペレータ タスクを停止すると、関連するAMPは非参加になります。
  • 適用フェーズ中にヘッド/ディスク アセンブリ(HDA)が失敗した場合、関連するAMPは非参加になりますが、ディスクが交換されてDisk CopyユーティリティおよびTable Rebuildユーティリティが実行された後に、元に戻ります。

実際には、Updateオペレータは非参加AMPを障害AMPであるかのように扱います。そのため、クラスタに以下の状態のAMPがいずれかの組み合わせで複数含まれる場合、Updateオペレータは実行されません。

  • 停止
  • オフライン
  • 非参加

適用フェーズ中にクラスタ内の複数のAMPが非参加になった場合、Updateオペレータ タスクは継続できません。 ターゲット テーブルは使用できないとみなされ、アーカイブから再始動する必要があります。