17.10 - Teradataジョブ スクリプトのSQL Inserterオペレータ関数 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter リファレンス

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Published
2022年2月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2436-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
Last Update
2022-02-11

Teradata PTジョブでSQL Inserterオペレータを使用する場合、以下のことを実行します。

  1. ジョブ スクリプトで指定されているユーザー名、パスワード、データベース名、およびアカウントID情報を使用して、データベースにログオンします。
  2. Teradata PTデータ ストリームから、Teradata PT APPLY文で定義されているSQL INSERT文で指定されたターゲット テーブルにデータをロードします。

    APPLY文で指定できるのは1つのINSERT文のみです。 APPLY文に複数のINSERT文がある場合、SQL Inserterオペレータはコンソールとプライベート ログの両方にエラー メッセージを発行し、ジョブを終了します。

  3. データベースからログオフします。
  4. SQL Inserterオペレータ ジョブが成功した場合、ジョブを終了し、データベースに正常に送信されたレコードの合計数をレポートします。
  5. ジョブが失敗した場合、ジョブを終了し、問題を修正してジョブを再始動できるように、ジョブに関する情報を提供します。