17.10 - 例 – twbrmcp - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter リファレンス

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Published
2022年2月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2436-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
Last Update
2022-02-11

次の例では、twbrmcpコマンドを使用しています。

  • 次のtwbrmcpコマンドでは、ジョブに関連付けられたチェックポイント ファイルが削除され、削除を確認する出力が返されます。
    $ twbrmcp MyJob
    Checkpoint file /opt/tbuild/client/<version>/tbuild/checkpoint/
    MyJobLVCP has been removed
    Checkpoint file /opt/tbuild/client/<version>/tbuild/checkpoint/
    MyJobCPD1 has been removed
    Checkpoint file /opt/tbuild/client/<version>/tbuild/checkpoint/
    MyJobCPD1 has been removed
  • 次のtwbrmcp コマンドでは、ユーザーに関連付けられたチェックポイント ファイルが削除され、削除を確認する出力が返されます。
    $ twbrmcp ay160001
    Checkpoint file /opt/tbuild/client/<version>/tbuild/checkpoint/
    ay160001LVCP has been removed
    Checkpoint file /opt/tbuild/client/<version>/tbuild/checkpoint/
    ay160001CPD1 has been removed
    Checkpoint file /opt/tbuild/client/<version>/tbuild/checkpoint/
    ay160001CPD1 has been removed
  • 次のtwbrmcpコマンドでは、属性が使用されておらず、削除対象のチェックポイント ファイルを指定するために必要なパラメータに関する情報が返されます。
    cs4400s3:/ > twbrmcp
    Usage: twbrmcp LogonID
           twbrmcp JobName
    Parameter description:
    LogonID  The user logon ID
    JobName  The job name specified for the 'tbuild' command
twbrmcpコマンドは、z/OSでは使用できません。