17.10 - 制約事項と制限 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter リファレンス

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Published
2022年2月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2436-061K-JPN
Language
日本語
Last Update
2022-02-11
  • Teradata PT Error Table Extractorは、FastLoad取得フェーズ エラー テーブルでDATAPARCEL列のVARBYTEまたはBLOBをサポートします。

    Teradata PT Error Table Extractorは、MultiLoad取得フェーズ エラー テーブルでHOSTDATA列のVARBYTE またはBLOBをサポートします。

    Teradata PT Error Table Extractorは、Streamオペレータのエラー テーブルでHOSTDATA列のVARBYTEまたはBLOBをサポートします。

    Vantageの1MB Permanent Row機能が有効になっていないデータベースに対してTPTのLoadまたはUpdateオペレータ ジョブが実行されている場合、DATAPARCEL列またはHOSTDATA列はVARBYTEです。

    TPT Streamオペレータのジョブのスキーマが64K未満のとき、HOSTDATA列はVARBYTEです。

    Vantageの1MB Permanent Row機能が有効になっているデータベースに対してTPTのLoadまたはUpdateオペレータ ジョブが実行されている場合、DATAPARCEL列またはHOSTDATA列はBLOBです。

    TPT Streamオペレータのジョブのスキーマが64Kを超えているとき、HOSTDATA列はBLOBです。

    DATAPARCELまたはHOSTDATA列がVARBYTEでもBLOBでもない場合、Teradata PT Error Table Extractorはエラー メッセージを表示してジョブを終了します。

  • Teradata PT Error Table Extractorは、以下のTeradata PTオペレータのみで取得フェーズ エラー テーブルをサポートします。
    • Loadオペレータ
    • Updateオペレータ
    • Streamオペレータ
    • レコード形式がDELIMITEDの場合、Teradata PT Load、StreamおよびUpdateオペレータ ジョブのスキーマには、すべてのVARCHAR列が必要です。その他のレコード形式の場合、Load、StreamおよびUpdateジョブには別の列データ型を使用できます。
    • Teradata PT Error Table Extractorは、適用フェーズ エラー テーブルの抽出をサポートしていません。
    • z/OSの場合、Teradata PT Error Table Extractorは、z/OS以外のプラットフォームで作成された取得フェーズ エラー テーブルの抽出をサポートしていません。これは、z/OSの文字エンコードがz/OS以外のプラットフォームとは異なるためです。

      z/OSの場合、Teradata PT Error Table Extractorがサポートできるのは、z/OSプラットフォームで実行されたジョブから作成された取得フェーズ エラー テーブルの抽出のみをサポートします。

    • z/OS以外のプラットフォームの場合、Teradata PT Error Table Extractorは、z/OSで作成された取得フェーズ エラー テーブルの抽出をサポートしていません。これは、z/OS以外の文字エンコードがz/OSプラットフォームとは異なるためです。

      z/OS以外のプラットフォームの場合、Teradata PT Error Table Extractorがサポートできるのは、z/OS以外のプラットフォームで実行されたジョブから作成された取得フェーズ エラー テーブルの抽出のみをサポートします。

    • z/OSの場合、-uパスワード オプションが指定されていないと、Teradata PT Error Table Extractorがユーザーにパスワードを求めることはありません。 z/OSでは-uパスワード オプションを指定する必要があります。
    • Teradata PT Error Table Extractorでは、以下のTeradataユーティリティについては、エラー情報を取得フェーズ エラー テーブルから抽出することが保証されていません。

      – FastLoad

      – MultiLoad

      – TPump

      ただし、Teradata PT Error Table Extractorは、FastLoadまたはMultiLoadジョブのデータが標識モードで送信された場合に、Teradata FastLoadおよびMultiLoadユーティリティ用に、エラー情報を取得フェーズ エラー テーブルから抽出することができます。 データが非標識モードで送信された場合、Teradata PT Error Table Extractorはエラー情報を抽出することができません。

      Teradata PT Error Table Extractorは、エラー情報をTPumpエラー テーブルから抽出することができません。これは、Teradata PT Error Table ExtractorにはTPumpエラー テーブルのレイアウトがわからないためです。