17.10 - クライアント製品によるUDTの挿入および取得 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter リファレンス

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Published
2022年2月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2436-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
Last Update
2022-02-11
UDTはデータベース上にのみ存在できます。各UDTには、「from-sqlルーチン」と「to-sqlルーチン」が関連付けられています。
  • 「to-sqlルーチン」は、事前定義された型の値からUDT値を作成できます。 「to-sqlルーチン」は、クライアント システムからデータベース上のUDTに値を挿入するときに自動的に呼び出されます。
  • 「from-sqlルーチン」は、UDTから定義済みの型の値を生成します。 「from-sqlルーチン」は、データベースからクライアント システムにUDTを取り出すときに自動的に呼び出されます。