17.10 - ErrorTable1 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter リファレンス

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Published
2022年2月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2436-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
Last Update
2022-02-11

ロード操作によってジョブ実行中のエラーを取得するエラー テーブルが作成されます。 ジョブでエラー テーブルのデフォルトの名前を使用するか、名前をLoadオペレータの属性としてユーザー指定できます。

ErrorTable1には、データおよびデータ環境に関連するほとんどのエラーが含まれており、次のタイプのエラーが取得されます。
  • 制約違反 – テーブルの特定の列に定義された範囲または値の制約に違反するレコード。
  • 使用不可AMP – オフラインAMPに関する非フォールバック テーブルに書き込まれるレコード。
  • データ変換エラー – 特定のデータ型への変換に失敗したレコード。
ErrorTable1のErrorFileName列の名前は最大120文字までサポートされています。 名前には128文字まで指定できますが、ErrorTable 1に行が挿入された場合は、データベースによって120文字を超える名前は切り捨てられます。