17.10 - ソース テーブルの定義 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter リファレンス

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Published
2022年2月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2436-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
Last Update
2022-02-11
tdloadのソース テーブルを指定するには、コマンド ラインまたはジョブ変数ファイルで、--SourceTableオプションまたは--SelectStmtオプションのいずれかと次のジョブ オプションを指定する必要があります。
  • --SourceTdpId
  • --SourceUserName
  • --SourceUserPassword
データ ソースを定義する場合、次のジョブ オプションはいずれも(コマンド ラインまたはジョブ変数ファイルで)指定する必要がありません。
  • --SourceAccountId
  • --SourceWorkingDatabase
  • --SourceMaxSessions
  • --SourceMinSessions
  • --SourceInstances
-- SourceTableオプションと--SelectStmtオプションの両方が定義されている場合、--SourceTableオプションは無視され、警告メッセージがコンソールに返されます。