17.10 - 目的 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporterリファレンス

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Release Date
2021年10月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2436-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

APPLY文は、ジョブまたはジョブ ステップが実行する操作を定義します。

各ジョブ ステップには、APPLY文を1つだけ含めることができます。

各APPLY文は、2つの部分に分かれています。
  • 1つのAPPLY句またはカンマで区切られた複数のAPPLY句。 各APPLY句はAPPLYキーワードで始まり、データの宛先と、特定のConsumerオペレータによってソース データに適用されるDML文を識別します。

    このあとに、次のように入れます。

  • データ ソースを識別し、オプションでフィルタ オペレータおよびTeradata PTのWhere句の「フィルタ」を使用する1つ以上のクエリー指定で構成されるクエリー式。各クエリー指定は、データ ソースを1つのソース データ ストリームに結合するUNION ALLのインスタンスで区切られます。
APPLY句のオペレータがStandaloneオペレータである場合、DML文はすべて、DML文自体の外部にあるデータを参照せず、クエリー式を含まない自己格納型のステートメントである必要があります。

典型的なAPPLY文ジョブ スクリプトの例については、<Teradata® Parallel Transporterユーザー ガイド, B035-2445>の「IBM z/OSサンプル ファイル」を参照してください。

APPLY文は、以下のものをサポートします。
  • UNION ALLクエリーを使用した、複数のデータ ソース。
  • 複数のAPPLY句を使用した、複数のデータ ターゲット。
  • CASE DML式を使用した、ターゲット テーブルへのDMLの条件付き適用。
  • WHERE句やVIAフィルタ オペレータを使用した、任意選択のデータ フィルタリング。
  • 各オペレータのインスタンス数を指定することによる、並列性の度合いの制御。
  • CASE文やSELECT文を使用した、新しい列の派生。
  • SELECT文を使用した、入力行の列のサブセット。

1つのジョブ ステップに複数のAPPLY操作を実装する方法については、Teradata® Parallel Transporterユーザー ガイド, B035-2445を参照してください。